『ささくれ』とは爪周辺、主に爪の根元部分の皮膚が向けてしまった状態をいいます。
これは爪周辺の皮膚組織が指先の方向に向いており、皮膚繊維が露出しているために爪の根元部分から部分的に皮膚繊維がめくれてしまうからです。

 原因についてもよく聞かれますが、1番に考えられることは手の乾燥です。
決して『親不孝』ではありません。(笑)

 日常生活の中での手洗い、洗剤を使用した水仕事、乾燥した空気に触れるなど、乾燥の原因となることはたくさんあります。特に水仕事で洗剤を使う場合は、手指の皮脂が洗い流されてしまうため潤いがなくなり指先にダメージが強く出てきます。
 最近ではアルコール消毒や自宅での過度な甘皮除去、除光液の使い過ぎなども挙げられます。その他で考えられることでは栄養不足があります。
 皮膚の発育に欠かせない栄養であるたんぱく質、ビタミン類、ミネラル類が不足するとささくれができやすくなります。特にビタミン類としては皮膚や粘膜を保つビタミンA,B2、皮膚障害の予防にはビタミンB6、美肌を保つビタミンC、ビタミンAの吸収を助けるビタミンD、傷の治癒を助けるビタミンEの不足も原因にあげられます。
 女性に多い末端冷え性も血行不良、体調不良も良くありません。

 ささくれができてもほとんどの人は特に気にされないと思いますが保湿しても治らない場合は体調不良ということもありますので注意が必要です。
 ささくれは皮膚疾患の一つですから悪化すれば雑菌が入り化膿したり、感染症のかかることもあります。悪化した場合はすぐに病院へ相談してください。

『ささくれになる3つの原因』

 ささくれになる原因は3つあげられます。

① 乾燥
② 栄養不足
③ 体調不良

 まず『ささくれ』とはどういう状態かご説明いたします。

 『ささくれ』とは爪周辺、主に爪の根元部分の皮膚が向けてしまった状態をいいます。これは爪周辺の皮膚組織が指先の方向にむいており皮膚繊維が露出しているために爪の根元部分から部分的に皮膚繊維がめくれてしまうからです。

 では3つの原因について詳しくお話しいたします。

原因①乾燥
 乾燥の原因としては日常生活の仕方にあります。
手を洗う、洗剤を使用した水仕事、乾燥した空気に触れたり冷暖房のきいたところに長時間いるなどです。
 特に水仕事で洗剤を使う場合は、手指の皮脂が洗い流されてしまうため潤いがなくなり指先にダメージが強く出てきます。最近ではアルコール消毒や自宅での過度な甘皮除去、除光液の使い過ぎによる乾燥もあります。

原因②栄養不足
 皮膚の発育に欠かせない栄養不足によるもの。
皮膚の発育に欠かせない栄養にはたんぱく質、ビタミン類、ミネラル類があります。これらが不足することで『ささくれ』ができやすくなります。
 特にビタミン類は重要です。皮膚や粘膜を保つビタミンA、B2、皮膚障害の予防にはビタミンB6、美肌を保つビタミンC、ビタミンAの吸収を助けるビタミンD、傷の治癒を助けるビタミンEの不足などです。

原因③体調不良
 自分ではあまり認識されていない方も多いかもしれませんが、女性の体は意外とデリケートでストレスにも弱いと言われています。特に女性に多い末端冷え性は血行不良や生理不順と体調不良につながっていきます。

 ささくれができてもほとんどの人は特に気にされてないと思います。
保湿しても、バランスの良い食事を取っていてもなかなか改善されない場合は体調不良ということもありますので注意してください。
ささくれは皮膚疾患の1つですから悪化すれば雑菌が入って化膿したり感染症にかかることもあります。悪化した場合はすぐに病院に相談してください。