お客様から『ハンドクリームとキューティクルオイル どちらを塗ればいいですか?』というご質問をよくいただきます。

 まず、ハンドクリームとキューティクルオイルの違いについてご説明させていただきます。ハンドクリームとキューティクルオイルは使用目的が違います。

 ハンドクリームは手肌の保湿が目的で、乾燥を防ぎ柔らかいしっとりとした美しい手肌にしてくれるものです。改善というよりも保護の役割が強いものになります。
 キューティクルオイルは爪や指先専用の保湿が目的です。2枚爪やささくれ、ひび割れを防ぎ、水分油分のバランスを整えて爪を美しく健康に育てます。キューティクルオイルはハンドクリームに比べ、ベタつきにくく浸透しやすいので仕事中にも使いやすいです。手先を使うお仕事など、指先を酷使している方には職場に置いておく、またポーチに入れて携帯したりするのもおすすめです。

 ですので、お客様のご質問の答えとしては『どちらも塗る』が正解です!!(笑)

 塗り方としては、キューティクルオイルの方がハンドクリームより皮膚の浸透が抜群に良いので、先にキューティクルオイルを塗ってからハンドクリームで蓋をしてあげてください。

 手は年齢が出やすいところです。きちんとケアすればくすみもなくなりワントーン明るい手肌になり、爪も健康で美しく育ってくれます。ずっと若々しい手肌を守るためにも日々のケアを心がけて、保湿習慣をつけていきましょう。