皆さん、どうして春に肌荒れが多いのか、知っていますか?

 私はお花や植物が大好きです。春に限らず1年を通してお花見をしているくらいです。特にたくさんの花が咲くこの季節は本当なら大好きなはずなのですが、夏と同じくらいに大嫌いです。(笑)それは『春』が一番、肌荒れしやすい季節だからです。

 普段、健康な肌なのに、春あるいは季節の変わり目に肌荒れするという方は意外とたくさんおられます。私も特にアレルギー体質でも敏感肌でもないのですが、昔から肌のコンディションを崩すことがよくありました。そのたびにテンションが下がり悩むことも多々ありました。美容に興味が出たのはそのせいかもしれませんね。

 肌荒れが一番多いのは3月から4月にかけてと言われています。それには大きく3つの要因があげられます。

① 気温の寒暖差がとても大きい
② 大気中の汚れが非常に多く、紫外線量が増える
③ 年度替わりなど、環境の変化によるストレスが多い

では、順に詳しく説明していきましょう。

① 春は徐々に気温が上がるのではなく、1日の気温差が激しかったり、日によって全く気温が異なったりします。この気温の寒暖差は体温を調節している自律神経にとても大きいストレスをかけてしまい、ホルモンバランスまでも乱してしまう恐れがあります。この目に見えないストレスが蓄積されて体調不良や肌荒れに繫がってきます。

② 春の大気にはいろんな花粉、黄砂、pm2.5、排気ガスなど、様々な汚れが大量に漂っていて肌に多くの負担をかけています。そして、紫外線量も多くなるうえ、風が強く吹くので乾燥しやすくなります。特にアレルギー体質の方は肌のバリア機能が低下するので刺激を受けやすくなるので注意が必要です。

③ 年度替わりでは、クラス替え、進級進学、就職転職、部署移動、引っ越しなど、環境変化が心的ストレスとなって肌荒れに繫がっていきます。

 このように、春は肌にストレスのかかることがたくさんあり、それが肌荒れに繫がっていってしまうのです。では、どうしたら肌荒れしないようにできるのでしょうか?

 肌が荒れてしまってから、元の健康な肌に戻すのはとても大変です。肌荒れが始まる前から少しずつ肌を守っていきましょう。では、春の肌荒れ防止ポイントを7つご紹介します。できるところからすぐに実践してみてくださいね。

① 気温のチェック!
1日の気温差をチェックしてから着る服を決めましょう。

② 日焼け止めクリームで紫外線カット! 
3月から紫外線量は大幅に増えています。

③ 高保湿の化粧品を選ぶ! 
寒暖差、紫外線、強い風などからの乾燥によるダメージを軽減しましょう。

④ 丁寧なクレンジング! 
優しく丁寧にクレンジングしてお化粧を落としましょう。

⑤ 丁寧なウオッシング! 
たっぷりのきめ細かい泡で古い角質を取り除きましょう。 

⑥ 帽子やサングラス、マスクを着用! 
大気の汚れから少しでも肌を防ぎましょう。

⑦ ストレスをためない!
  適度にストレスを解消するように心がけましょう。