『爪は何のためにあるのかな?』
皆さん、一度くらいそう思ったことがあるのではないでしょうか。

 爪は皮膚の付属器官で表皮の角質層が変化したものです。

 爪は手と足の指先を保護する重要な役割を担っています。そのため、爪がないと日常生活をスムーズに送ることが困難になる恐れがあります。

 指の骨は指先に向かって非常に細く、爪の下の中心部で終わっています。そのため爪がなければ指の腹にかかった力を跳ね返すことができなくなり、指先で物をつかんだり、つまむような細かな作業をすることができなくなってしまいます。

 指先に爪がある事で指の腹にかかった力を跳ね返し、強く支えているのです。もし、足指に爪がなかったら足のつま先に力が入らず上手く歩けなくなってしまいます。

 ですから、爪の長さが短すぎたり、爪の厚みが薄すぎたりするのは手先、足先の扱いがしにくくなるのでよくないのです。適度な長さと厚みがあるように常日頃からお手入れの際に心がけてみてください。