『肌のゴールデンタイム』一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、どういうことかよくわからない方も多いと思います。なんとなく、このゴールデンタイムに睡眠を取れば肌にいいのかと思ってしまいますよね。

 美肌を目指すなら睡眠は大変重要です。睡眠不足は健康を損なうだけでなく肌にも影響がとても多いからです。
 肌のゴールデンタイムというのは、肌の再生を促す成長ホルモンが分泌されやすい時間帯をいいます。成長ホルモンは肌のハリ、弾力を維持するのに必要な皮下組織に必要とされる水分を保持する働きがあります。そして、肌のターンオーバーを促進して古い角質を新しい皮膚に生まれ変えらせることができるのです。成長ホルモンを分泌させることは美肌を維持するのに必要不可欠なことで、このゴールデンタイムの間に睡眠をとることが重要だと言われています。
 これまでは、夜の10時から深夜2時の4時間にきちんと睡眠をとることで成長ホルモンによる肌の新陳代謝が活発におこなわれるとされてきました。しかし、最近になって事情が変わってきたようです。私も初めてこの話を聞いたとき不思議に思ったんです。だってゴールデンタイムの4時間だけ寝たら美肌になるのかって(笑)なんかあんまり納得しなかったから。それに10時から寝られる人ってどれだけいるのかな?と。
今は、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3〜4時間の間で成長ホルモンが分泌されることがわかってきたそうです。重要なのは、できるだけ規則正しい睡眠リズムが取れ、寝ついてから3〜4時間にしっかり熟睡して質の良い睡眠がとれたかどうかなんです。
『肌のゴールデンタイム』を含め毎日7時間睡眠をとって健康&美肌を目指してください。